やはり新築一戸建てはいいなぁと実感!

前は2LDKのマンションに主人と子供と3人で住んでいました。二人目を出産し、部屋が手狭になったことが、制震の新築一戸建ての家を建てるきっかけとなりました。
日本は地震が多いため、地震に強いと言われている2×4工法を使って新築一戸建てを設計してくれるメーカーを探しました。当時はZEHという言葉は聞いたことはありませんでしたが、今もう一度建て直せるなら考慮したいです。

私の家の自慢は、天井が高いことです。家全体はそんなに広くありませんが、天井が高いので開放感があります。リビングの窓も天井の高さに合わせて高く設計したため、部屋全体から庭の緑を見渡すことができ、毎日癒されています。
後悔しているのは、玄関の入り口の上(外側)に屋根をつけなかったこと。雨の日など、傘をさして戻った時に、家の外で一旦傘を閉じたいのですが、屋根がないため濡れてしまいます。玄関の上には絶対に屋根を取り付けるべきだと思いました。

主人からはカーポートが欲しいという希望があり、車が2台収容できるものを作ってもらいました。広めに作ったので、洗車などの作業もしやすいようです。
家を建てて、家族の絆は強まったと思います。みんな広いリビングが大好きで常にリビングに集まっています。


Comments are closed.