注文住宅でも照明の位置で失敗することも

注文住宅で建てた木造住宅なのですけれど、吹き抜けを取り入れたことは失敗したかも知れない…と、思っています。なぜなら、照明の掃除がしづらいからです。そしてまた、照明の電球が交換しづらいからなんです。

いや、吹き抜け天井部分に照明をつけているから、掃除がし辛かったり、電球の交換が難しかったりするのでしょうね。正確に言えば。友達の家はわが家と同じく吹き抜けですが、吹き抜け天井から照明を下げていませんから。

友達の家の吹き抜け部分の照明は、横の壁にダクトレールをつけて、ダクトレールにピンポイント照明をつけていますから。ですからわが家のように、照明の電球の交換がものすごく大変だということはないのです。椅子を持ってこれば、ダクトレールの照明に手が届きますからね。

同じく吹き抜け天井ですが、わが家は照明の付け具合で失敗していると感じます。ですから、吹き抜け天井が悪いのではなく、わが家の照明の設計だといういうべきでしょうか。位置は確かに失敗していると思っています。


Comments are closed.